ドックフードの種類と愛犬に合ったフードの選び方

ドックフードおすすめランキング

 

ドックフードにはたくさんの種類がありますよね。もう愛犬に合ったドックフードは見つかっていますでしょうか?

 

もし愛犬に合っているドックフードが見つかっていない飼い主さんは、ドックフードの種類と選び方の知識を知ってからドックフードを選んでいきましょう♪

 

まず、ドックフードの分け方にはいくつかあり、水分含有量、ライフステージ別、目的別、形状別、容器別の分類などがあります。

 

これらの分類をご紹介するのでドックフード選びの参考にして頂ければと思います。

 

水分含有量で分けられているドックフードの種類

ドライフード

ドライフードは水分の含有量が3〜11%のドックフードです。だいたいですが賞味期限は開封後約1ヶ月程度。ドライフードのほとんどは水分含有量が10%以下に抑えられているためカビなども生えにくく安全性に優れているドックフードなんです。常温で長期的な保存が可能で保存料を添加する必要もないのが特徴。無添加のドライフードがおすすめ。しかし、愛犬の好みとしてはドライフードよりもウエットフードを好む犬のほうが多いようです。

 

ソフトドライフードとセミモイストフード

このフードはどっちも水分含有量が25〜35%の半生のドックフードの事です。セミモイストフードは無発泡で、粘土のような堅さで密度が高い特徴があり、ソフトドライフードは気泡を入れてやわらかくしているドックフードです。どちらのフードも水分が豊富に摂れたりドライフードよりも犬が好むというメリットはありますが、半生フードなので品質を保持するための添加物が使用されているドックフードが多いので愛犬の健康を考えると悩むところですね^^

 

ウエットフード(缶詰)

ウエットタイプのドックフードは水分の含有量が一番高く、75%程度も水分が含有している水分が主体のドックフードです。缶詰の場合は3年程度賞味期限がありますが、もし開封してしまった場合は水分が主体のドックフードなので短期間で愛犬に食べさせないといけません。このドックフードも保存料などの添加物が使用されているので個人的にはあまりおすすめできないですね。しかし、愛犬の食いつきは非常に良いと思いますよ♪

 

愛犬の食べものはライフステージで分ける

愛犬に与える食事内容は愛犬の期に合わせた栄養価のある食べものを選びましょう♪

 

例えば、

哺乳期(生後4週齢まで)⇒液状ミルク、粉ミルクの2種類
離乳期(生後8週齢まで)⇒缶詰タイプ、粉末状、フレーク上など
成長期(1歳まで。大型犬は1歳半まで。小型犬は10週齢までなど種類によって様々)⇒成長期なので栄養価の高いもの
維持期(成犬)⇒維持食
高齢期(7歳以降)⇒病気予防の為のドックフード

 

このように愛犬のライフステージにあわせて食べものも分けていきましょう。

 

形で分ける

粉状⇒代用乳、栄養補助強食などに使用
顆粒状⇒離乳食、主に成長期用フードに使用
フレーク状⇒離乳食などに使用
発泡状⇒これはドライフードに多く、ドライフードには気泡が含まれているものが多いのですが、気泡を含むことによって砕けやすくなり、カリッという食感が得られます。更に細かく砕けることで愛犬の体内での消化もよくなります。
スクランブル状⇒1回発泡したものを砕いたものです。成長期用のドックフードに多く利用されてますよ。
ビスケット状⇒スナックや間食に利用
液状⇒代用乳、嗜好性増進飲料などに使用

 

容器で分ける

⇒基本的に紙箱でプラスチックフォイルム袋の中にドライフードが入っています。
⇒プラスチックフィルム袋、紙袋にドライフードが入っています。
金属缶⇒スチール製、アルミニウム製、複合缶などに、代入乳やレトルト殺菌のウエットタイプドックフードなどが含まれています。
トレー缶⇒主にウエットフードに利用
レトロフィルム製⇒これもウエットフードに利用

 

このようにドックフードにはいろいろな種類があるんですよね。
しかし、どんなドックフードがおすすめなのでしょうか?

 

基本的には総合栄養食と表記されているドックフードがおすすめです。
なのでドックフードを与えられる時期になったら総合栄養食のドックフードを主食として与えるようにして下さい♪

 

総合栄養食って何?

総合栄養食とは、犬に必要な栄養素がバランスよくしっかり配合されているものです。
基本的にその総合栄養食と水だけ与えていればOK!というもの。

 

総合栄養食の中でもおすすめなのは無添加で安全性に優れているドライタイプのドックフードですね。

 

栄養が偏っているものやおやつ、添加物が入っているものをを愛犬に与え続けると数年後に肝臓や腎臓に障害を招く可能性があります。

 

なので、愛犬の先のことも考えて必要な栄養もしっかり摂れて無添加のものを選ぶ事で愛犬の健康をサポートしていくことができますよ♪

 

もし気になる方は総合栄養食おすすめランキングをご覧になってください^^