餌をを与えるタイミングは家族の食事の後!先に与えてはダメな理由

餌を与えるタイミングは家族の食事の後!先に与えてはダメは理由

 

愛犬に餌を与える時間を決めている飼い主さんは多いと思います。基本的には餌を与える時間は私達家族がご飯を食べる前に餌を与えている飼い主さんが多いのでは?

 

その理由としては、『お腹をすかせている愛犬がかわいそう…』『愛犬が餌を欲して吠える・騒ぐから…』『やる事は先に済ませたい…』など、いろいろな理由がありますよね。愛犬に餌を先に与えていない飼い主さんは問題ないのですが、家族よりも先にドックフードなどの餌を与えている方は落とし穴があるんです。

 

しかし、なぜ愛犬に餌を先に与えてはダメなのでしょうか!?その理由をご説明しますね♪

 

自分はボスだ!と思い込む可能性がある

野生の犬は集団で狩りにいき獲物を捕まえた時、ボスから獲物を食べて、ボスの許しが出てから他の犬が獲物に喰らいつくという習性があります。私達が飼っている愛犬は野生ではないのですが、こうした犬が本来もっている゛血゛は愛犬にも流れています。

 

なので、飼い主さんが先に餌を与えてしまうことで愛犬が本能的に『一番に食事をしているからオレがボスだ!』って思い込んでしまう可能性があるんですね。そういう血が流れているので家族よりも先に餌を与える習慣を毎日続けているとそうなってしまう可能性が高いんです。カワイイ愛犬がお腹をすかせているから先にご飯を与えたい…って気持ちは十分わかりますが、自分はボスだと思ってしまうと後々大変なので改善していくことをおすすめします。

 

ボスだと思い込むとワガママな犬に

1度自分がボスだと思いこんでしまうとワガママな犬になってしまします。ワガママな犬になってしまうということを聞きません(笑)でもそんな愛犬も可愛らしいですけどね。ただ、ずっとそのままではいけませんよね。

 

もし言うことを聞かなくなっても安心してください。愛犬が餌欲しさに騒いできても飼い主さんが我慢して餌を先に与えず、家族が食べてから餌を与えるようにすれば数日から1週間くらいもすれば基本的には改善できますよ。やはり犬は頭がいいですから餌を後から与える習慣を少し続けるだけですぐに『餌は家族の後にもらえるんだ』と覚えてくれます。なので飼い主さんは愛犬が騒いでも断固として拒否し挫けないようにしてくださいね♪

 

ちなみにワガママな犬へのおすすめの接し方もついでにお伝えしておきます。もし餌欲しさに吠えてきたり、まとわりついてくる場合は『無視』しましょう♪心を鬼にして無視することで飼い主さんの上下関係を示すことができます。あと、どうどうとして落ち着いている態度を見せることも重要です。このようにワガママな犬の言いなりにならないことで犬の信頼を取り戻しワガママを改善することが可能です。でも愛犬がいい事をした時にはちゃんと笑顔で褒めてあげてくださいね。

 

このよに餌を与えるタイミングを間違えている方は結構いらしゃっるんです。もし餌を先に与えている飼い主さんで、自分の愛犬がワガママになってしまっている方は是非参考にして下さい♪愛犬と楽しく付き合っていく上で大切なことですから^^