愛犬のおもちゃは与えっぱなしにするのはNG!それが招く結果とは?

ドックフードおすすめランキング

愛犬におもちゃを与えっぱなしにしてなにが悪いの?と思う方も多いと思います。

 

そもそも愛犬におもちゃを与える事はご存知のとおりとても重要ですよね。いろんなおもちゃと触れ合って、その遊びの中から人間との触れ合い方も学んでいきます。

 

なので、愛犬にはいろんな遊びをどんどんさせていくのはいい事です。ボール遊びでもフリスビーでもぬいぐるみの引っ張り合いでもなんでもかまいません。遊ぶ事は非常に大切ですから。

 

しかし、一つだけ気をつけないといけないことがあります。それは『愛犬と一緒に遊んだおもちゃは与えっぱなしにしない』こと。

 

例えばぬいぐるみ。自分のお子さんがもう使わなくなったぬいぐるみを愛犬に与えたところぬいぐるみを噛んだりしていて、愛犬が噛んでいるぬいぐるみを引っ張ってみたら愛犬も引っ張り返してきて楽しそうにしていたから愛犬もおもちゃがぬいぐるみになっているって方も少なくないと思います。

 

しかしそのおもちゃになっているぬいぐるみを愛犬に与えっぱなしにしてだめなんです。

 

子犬は常に遊んでいるように見えてもその状況の中で誰が一番偉いのか順位決めをしているんです。ものを引っ張り合うという行為はどっちが強いのかを決めている行動でもあります。

 

もし、引っ張り合っていたぬいぐるみを愛犬に与えっぱなしにしてしまうと『僕の方が上なんだ♪』と勘違いしてしまいます(笑)なので『もう時間がないからあとは1人で遊んでおいてね』と愛犬におもちゃを渡しっぱなしにするのはNG。

 

愛犬とおもちゃで遊んだあとはどうしたらいいの?

 

ぬいぐるみやタオルなどを引っ張り合って遊んだあとやボールなどで遊んだあとは愛犬からおもちゃを取り上げてしまっておくことを徹底してください。こうすることで愛犬は『取られてしまった…やっぱり主人のほうが強い』と思ってくれます。

 

もし、おもちゃを与えたままにして愛犬がご主人よりも上だと思ってしまうと言う事を聞かなくなったりわがままになってしまう可能性もありますからね。なので愛犬とおもちゃで遊んだあとは必ずしまってくださいね♪

 

そうすることで愛犬とうまく付き合っていくことができますよ。あと愛犬のおもちゃは必ず『噛んでも安全なもの』を選びましょうね。できれば犬専用で市販されている噛む専用のおもちゃがおすすめです。

 

子犬も成犬も噛むことが多いので安全なものを選びましょう。おもちゃを子犬に与えっぱなしにしていた方は是非改善してください^^