愛犬のシャンプー・シャワー嫌いを改善させる簡単なやり方とは?

ドックフードおすすめランキング

 

シャンプー・シャワーが嫌いなワンちゃんは多いですよね。

 

飼い主さんが子犬の頃からシャンプー・シャワーにならしていたのなら嫌う犬はいませんが、今まで愛犬がシャンプー・シャワーを嫌がり愛犬の勢いに負けてしまってこれまでシャンプー・シャワーをやってこなかった人は大変です。

 

嫌がる愛犬は飼い主さんがバスルームで準備している段階ですでに怯えたり逃げ腰になっていますよね。これは何とか解決したい問題です。

 

愛犬を清潔にするお手入れのためにもシャンプー・シャワーは必要ですからね。

 

とは言っても飼い主さんがいくらシャンプー・シャワーをしてあげたくても今まで通りいきなり愛犬に浴びせたらさらに嫌いになってしまう可能性がありますよね。

 

そんな時にはとっておきの裏ワザがあります。

 

犬は人間よりも2度くらい平均温度が高いので、シャワーのお湯の温度は少しぬるめにして下さい。飼い主さんが手でお湯を触ってみて『これはぬるいな』と人間がぬるいと感じる温度が犬にとっては適温なんです。

 

人間にとって適温の良い湯加減は犬にとって息を上げるくらい熱いと感じるので愛犬は体力も消耗してしまいます。

 

次に洗い方です。

 

まだシャンプーに慣れていない愛犬はシャンプーとシャワーは控えてくださいね。まずたらいなどにお湯を入れて愛犬の足からその中にいれるようにしていきます。

 

足が上手くつかったら、お湯を足の上部⇒おなか⇒背中⇒頭という順にちょっとずつかけていってください。

 

愛犬がお湯になれてきたあとはシャンプーを実践しましょう♪

おうちで簡単にできるシャンプーのやり方をご紹介します。何回かやるうちに犬もすぐ慣れてくるのでぜひ試してみてくださいね。

 

体をシャワーで濡らす

まずシャワーのお湯を人間がぬるいなと感じる温度にしてください。次にシャワーの頭を愛犬の体に軽く押し当てておしり→後肢→背中→胸→前肢→顔の順番に濡らしていきます。このように全身にしっかりお湯を当て濡らすことで毛穴が開いて汚れも浮いてでてきますよ。

 

前肢・後肢を洗う

肢の付け根から汚れやすい足先まで丁寧に1本ずつ握ってモミモミする感じで洗います。

 

おしり、内股を洗う

ココからシャンプーです。まずしっぽを持ち上げておしりの穴周りを泡立ててください。そして優しく内股を洗ってあげます。

 

背中・胸を洗う

指の腹を使って軽くマッサージするように泡立てながら皮膚を傷つけないように洗っていきます。

 

顔やその周りを洗う

愛犬の顔を両手で包み込むように優しく洗ってあげてください。

 

シャンプーを流す

頭→耳→顔→背中→胸→前肢→おなか→おしり→後肢という順番に愛犬の体の高い位置からシャワーで洗い流していきます。そして最後にペットタオルで愛犬を丁寧に拭いてあげてください。

 

このように丁寧にシャンプーをしてあげればきれいに洗うことができますよ。シャンプー・シャワーが嫌いだった犬もお湯にならしていくことで少しずつ慣れてくるのできっと自宅でもシャンプーができるようになりますよ。