家具を噛む愛犬のしつけ・対処法!簡単に直る裏ワザとは?

ドックフードおすすめランキング

 

愛犬が家具を噛むとせっかくの家具がだいなしになりますよね。

 

『家具にゴリゴリかじられたあとがある…』
『枕の中の詰め物がでてきている…』
『ソファがかじられて破れている…』

 

など家具を噛む犬は大変です^^

 

家具がだいなしになると本当にもったないですから愛犬が家具を噛む原因を解決したい飼い主さんは少ないと思います。

 

しかし、その原因を解決すれば実はとても簡単にやめさせる方法があるんです。

 

そもそも愛犬が家具を噛んでしまう原因はたくさんあります。

 

例えば、
『飼い主さんにかまってほしい』
『自分をアピールしたい』
などの原因があります。

 

しかし、根本的な原因は主従関係がゆがんでいるからんですよ。

 

飼い主さんの事を主人だと思っていないから愛犬が自由に行動してしまうんです。

 

なので主従関係を正しくする事が大切ですが、飼い主さんからしたら早急にこの問題行動を解決したいのが本音だと思います。

 

私の友人にはこんな方もいました。

 

愛犬が家具を噛む行為をやめさせたい一心で、それ専用の商品を買ったらしいです。

 

それは犬が苦いと感じるものを家具に塗っておくことで、犬がそこを噛んだら『苦い!』と感じもう噛まなくなるという商品。

 

ただ、失敗に終わったみたいです…
他の家具をかじるようになったりしてあらゆる場所にその商品を塗らないといけなくなり、大変すぎて断念したようです。

 

家具を噛む愛犬をしつけたいのなら『家具をかじってはいけない』と自覚させることが一番重要なんです。

 

家具を噛む愛犬の対処法

家具をかじる行動をやめさせるのはいたって簡単です。

 

もし家具をかじっていても愛犬をしかったり犬に接することはやめてください。

 

家具をかじっている時はあさっての方向をむいて足払いしてください!

 

そうすると犬は『天罰がくだった』という感覚になりしてはだめな行動だと理解し家具に興味をもたなくなります。

 

どうどうと知らん振りして足払いをすれば愛犬は噛むのをやめておとなしくなると思います。
こうなれば成功です♪

 

犬は無視されるのがとても苦手な動物です。
無視されることで『いけないことをしてしまった』と思うようになるんですよね。

 

愛犬の悪い行動を無視することは主従関係を取り戻すためのしつけの方法にも取り入れられていること。

 

あま噛みしてくる犬にも効果的ですよ。

 

あま噛みをしてくる愛犬に対しても無視をしていればあま噛みをやめるようになったりもします。

 

100%どんな犬にも効果のある方法とまではいきませんが誰でも簡単にできる裏ワザなので一度試してみてください♪

 

愛犬による家具の損失をこれで減らせるはずですよ^^