シャンプー時に愛犬の耳に水が入らない方法!簡単なやり方とは?

ドックフードおすすめランキング

 

愛犬のシャンプーをまるでペットショップの美容師さんのようにやりこなす飼い主さんと出会ったことがあります。

 

その方はシャンプー時に愛犬の耳の中に水が入らないようにシャンプーで洗い流してしました。

 

まだ愛犬のシャンプーの慣れていない飼い主さんは愛犬の耳の中に水が入らないかどうかが心配だと思います。

 

当たり前ですが犬にとって聴覚はとても大切なので耳の中に水が入ってしまった状態はあまりよくありません。

 

ただ犬のシャンプーに慣れていない方は無理に愛犬の首から上にあシャワーをかけないほうが無難ですね。

 

しかし今回は誰でも簡単に愛犬の耳の中に水が入らないようにキレイに洗える方法をご紹介しています。

 

愛犬の耳の中に水が入らないように洗ってあげたい!という方は参考にして下さい♪

 

愛犬の耳の中に水が入らないようにキレイに洗う裏技

 

愛犬の耳の中に水が入らないようにキレイに洗うのに使用するのは【コットン】です。

 

まず始めに愛犬のシャンプーの前にコットンを丸め込んで犬の耳の中に詰めておきましょう。

 

このようにコットンを耳の中に詰めることで耳栓としの役割を果たしてくれます。

 

これで愛犬の頭の上からシャワーで洗っても耳の中に水が入ってこなくなるんです。

 

シャンプーが終わったあとは耳の中をウェットティッシュなどで拭いてあげてください

 

誰でも簡単にできるので一度実践してみてくださいね♪

 

しかし、首から上に関してはシャワーで流さなくてもお湯で濡らしたタオルで頭や顔を拭いてあげれば十分に汚れは落ちます。

 

なので、シャワーで洗うかどうかは飼い主さん次第で無理にシャワーで洗わなくてもいいかもしれません。

 

でも、愛犬のお手入れをできるだけキレイにしてあげたいという飼い主さんはぜひ試してみてください。

 

シャワー嫌いな愛犬はどうしたらいいの?

 

ついでにシャワー嫌いの愛犬に困っている…という飼い主さんもいらっしゃると思うのでその対処法もご紹介しておきます♪

 

まずお湯の温度を変えるだけでずぶん違ってきます。

 

犬は人間よりも平均温度が2度くらい高いと言われています。なので飼い主さんが手でお湯を触ってみてこれはぬるいなって思う温度が犬にとっての適温なんです。

 

もしかしたらシャワーを嫌う愛犬には温度を調整するだけで嫌がることがなくなるかもしれませんよ。

 

あとどうしてもシャワーを嫌う愛犬に関しては無理にシャワーをしないでください。

 

そういう時にはたらいなどにお湯をいれて愛犬の足からお湯の中に入れていきましょう。

 

そして愛犬の足がつかったら足の上部⇒おなか⇒背中⇒頭という順番で優しく少しずつお湯をかけていってください。

 

ついでにシャンプーの正しい手順を知りたい方はシャンプーの正しいやり方を参考にして下さい^^