ドックフードのパッケージやラベルの読み方※チェックすべきポイント

ドックフードおすすめランキング

 

愛犬のドックフードを選ぶ時には、必ずパッケージやラベルを見て目的や犬種、原材料、与え方、原産国、賞味期限などをチェックしなければなりません。

 

チェックしていない飼い主さんもいらっしゃると思いますが、できるだけ愛犬の健康を考えるならドックフードのパッケージやラベルを確認し愛犬にとって安全なドックフードなのかを確認する事をおすすめします♪

 

しかし、『パッケージを見ても何が良いのか悪いのかわからない…』『どこをチェックしたらいいのかポイントがわからない…』という方も多いと思います。

 

そこで今回はドックフードに書いてあるパッケージのチェックポイントをご紹介していきますね!パッケージの知識をつけて愛犬に合ったドックフードを選んでいきましょう^^

 

パッケージに表示するように義務化れている項目

ドックフードのパッケージには『ペットフード安全法』により表示が義務化されている項目があります。

 

それは、
・販売用愛がん動物用飲料の名称
原材料
賞味期限
・原産国名
・製造業者、輸入業者、または販売業者の指名または名称と住所
この5つですね^^

 

他にもペットフードの公正競争規約での表示が定められているものがあります。
・ペットフードの目的
・内容量
・給与方法
成分
このような内容です。

 

パッケージでチェックしてほしいポイント

上記でお伝えした内容の表記がパッケージに書いてあるのですが、ドックフードを選ぶ時に念入りにチェックしてほしい項目が3つあります。

 

それは、

原材料
賞味期限
成分

この3つをチェックするのがポイントですね。

 

その理由もご説明しておきます♪

 

原材料

原材料に関しては、犬にとって必要な動物性たんぱく質が上位に表記されているものがおすすめです。あと発ガン性の可能性があると言われているBHA(ブチルヒドロキシアニソール)、BHT(ジブチルヒドロキシトルエン)、エトキシキンが表示されているものは愛犬の健康のために避けてください。

 

賞味期限

賞味期限が長すぎるドックフードは保存料がたくさん使用されている可能性があります。人間で言うとカップラーメンを毎日食べているのと同じですよね。当然愛犬の健康にはよくないので賞味期限の確認もしっかりしてください。

 

成分

成分も重要視する事はほんとうに大切なことです。おすすめできないドックフードは植物性たんぱく質である穀物が多く配合されているものです。とうもろこし、小麦、大麦などがそうですよね。穀物は犬の消化吸収に悪いと言われているので、消化吸収の良い動物性たんぱく質が主体で含まれているドックフードがおすすめですよ♪

 

 

ドックフードのパッケージは上記の部分をチェックして選んでいく事がおすすめです。どうしても安いドックフードは穀物が主原料であったり添加物が多く含まれている可能性があるので必ず確認しましょう♪

 

愛犬の健康を考えてドックフードのパッケージを確認することを当たり前にしていってくださいね^^