ドックフードに含まれるビタミンについて※ビタミンの働きと種類

 

ドックフードの種類によってビタミンの配合は様々ですが、基本的にドックフードにはビタミンが配合されています。

 

ビタミンが添加されている場合もありますし、原材料にビタミンが含まれていることも。配合のやり方はいろいろあります。

 

しかしビタミンっていろいろありますよね。ビタミンの種類の分け方は、ビタミンが何に溶けるかで決まってくるんです。

 

例えば、油に溶けるビタミンは脂溶性ビタミンといって、ビタミンA,D、E、K。水に溶けるビタミンは水溶性ビタミンはビタミンB複合体(1,2,6、12、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチン)Cなどがあります。

 

ビタミンがどれくらい必要なのか?というのは愛犬のライフステージによって異なってきます。繁殖期や成長期はたくさんエネルギーを使うのでビタミンの消費率が高くなったりするんですよね。

 

ビタミンは犬が健康体でいるために必要な栄養素なのでビタミンの種類やその働きを知っておきましょう。

 

そんなビタミンの種類や働きをピックアップしてみたのでドックフードの知識として取り入れていってください^^

 

ビタミンの種類や働き

 

脂溶性ビタミン

ビタミンA
目、皮膚、毛、粘膜、歯の健康維持などに必要。

 

ビタミンD 消化管でリンとカルシウムを吸収させて、それらを骨に沈着させます。このビタミンDが不足すると、若い犬ならくる病、成犬なら骨がもろくなる病気などになったりします。

 

ビタミンE このビタミンは老化を防いだり細胞膜を健全にしたりします。ビタミンEが不足すると骨格筋の機能障害や免疫系の機能障害、生殖能力の低下などに繋がってきます。

 

ビタミンK

出血を抑える役割を果たしてくれています。ビタミンKが不足すると、ただの打撲でも内出血を起こす可能性があります。

水溶性ビタミン

ビタミンB複合体
酵素の働きをサポートしたり、酵素として働いたりしてくれます。

 

ビタミンC
健康的な犬なら体の中でブドウ糖から合成できるのがビタミンCです。毛並みや皮膚に弾力やハリを与え若さを維持するのに必要なビタミン。

ビタミン様物質

L-カルニチン
脂肪をエネルギーに変える働きがあります。細胞のエネルギー生成をするミトコンドリアの効率化をしてくれます。

 

カロテノイド
抗酸化成分として働いてくれます。この成分は緑黄色野菜に多く含まれているもの。

 

フラボノイド
赤、青、黄色の色素にある抗酸化成分。野菜や果実の皮にたくさん含まれています。

 

上記の表の下にあるビタミン様物質とはビタミンと似た生理作用をもつ有機化合物のこと。

 

少しの量でも体内の代謝に大切な役割を果たしてくれます。しかし、ビタミンとは異なり体内で生合成できるので、必ず摂取しなければいけないというものではありません。

 

このようにビタミンは種類によって特徴が違うので、ドックフードに記載されている成分表を見てビタミンも確認してみましょう^^