愛犬の抜け毛対策!抜け毛対策は春先に取り組むことが大切!

ドックフードおすすめランキング

 

室内で愛犬を飼っている飼い主さんは『抜け毛が悩みのタネ』という方も多いと思います。毛を吸い込んでいまうこともありますし、せっかくの洋服に毛が着いてしますこともありますよね。もしデートなんかで毛が服に付いていたら相手にガッカリされることもあるかもしれません。

 

なので愛犬の抜け毛対策はめんどくさがらずにしっかりやっていきましょう♪

 

抜け毛対策にはブラッシング!

健康体の犬の抜け毛対策はブラッシングをするだけです。ただしブラッシングをするタイミングがあります。それは春先。春先にいつもよりも小まめにブラッシングをするのが賢い抜け毛のお手入れ方法です。

 

多くの犬は『ダブルコート』という毛の構造になっています。ようは2種類の毛が生えているってことですね。アンダーコートとオーバーコートというの2つの毛が生えている構造。

 

アンダーコート⇒所謂冬毛のようなやわらかい毛
オーバーコート⇒太くしっかりした毛

 

アンダーコートは春先から抜けて浮き上がってくるのが特徴です。なのでこの時期に小まめにブラッシングする事が重要になってきます。どんどんブラッシングしましょう♪

 

このアンダーコートはブラッシングすることでとても簡単にとることができますよ。しかし、ブラッシングせずにこれを放置していまうと、アンダーコートが抜け落ちて愛犬が動く場所にどんどん抜け毛が落ちていってしまいます。これが室内を犬の毛で汚してしまう大きな原因。

 

しかもアンダーコートが浮いたままでは『飼い主さんのお手入れが悪い』というイメージも与えてしまいますし、何より愛犬の見た目が悪くなります。毛のお手入れは人間しかできないので愛犬のためにもまめにやることが大切です。

 

室内犬の場合は冬でも暖かい部屋にいるのでそれほどアンダーコートの量は増えません。なので春先のブラッシングでもそこまで苦労することはありませんよ♪

 

ただし犬は環境への適応性に優れているので寒冷地の室内で愛犬を飼っている場合、アンダーコートもたくさんあると思うので春先になったら頑張ってどんどんブラッシングしてあげてください。

 

愛犬にとってもアンダーコートと取ってすっきりすることで爽快な春を迎えることができますからね。

 

シングルコートの犬の毛は抜けるの?

1種類の毛の構造でできているシングルコートの犬(プードル、マルチーズ、ヨークシャーテリア、パピヨン、ボクサー、グレイハウンドなど)の毛は基本的に抜けることはありません。

 

被毛が一重になっているので換毛期というものがないんです。

 

これらの犬種が改良された地域性が大きく影響していて、冬の寒さから被毛で体温を保つ必要性のない温暖地で改良された犬種に多く見られるからです。

 

しかし、最近では変わった繁殖をしている業者が多いみたいで、アンダーコートの犬も出てきているようです。

 

なので、シングルコートの犬は一概には毛が抜けることはないとは言い切れません。

 

基本的にシングルコートの犬は抜け毛はないのですが、ブラッシングなどのお手入れは皮膚の健康の為にも必要なので定期的にやってあげてください^^