愛犬のめんどうな歯磨きを自然と楽にすませる歯のお手入れ方法

ドックフードおすすめランキング

 

犬も人間と同じように歯を放っておくと歯石がたまってしまったり、歯周病になったりしています可能性があります。犬の歯のトラブルで多いのは歯肉炎だと言われています。

 

愛犬が食べたもののカスが残って歯石になってしまったり、歯茎の下に歯石が付いてくると歯肉炎を招きやすいと言われているんです。その結果、歯がグラグラになって抜けてしまします…

 

ドライフードを主食としている犬は比較的歯石がつきにくいと言われていますが、やわらかいフードばかり与えていると歯の異常が起きやすいです。

 

なので愛犬の歯を磨いてお手入れをしてあげることは大切なことですよね。しかし、子犬の頃から歯磨きのお手入れをしていたのであれば問題ありませんが、途中から歯磨きをしようとしても愛犬が嫌がって歯磨きを受け付けてくれないのは当たり前のことです。

 

歯石がとてもたまってしまっている場合は病院へ行った方が良いと思いますが、誰でも簡単にできる愛犬の歯に対してのお手入れ方法があります。

 

ガムを使う歯磨き

愛犬が2歳、3歳になってから歯磨きを突然するのはけっこうハードルが高い事です。普通は嫌がりますからね。

 

そんな時に役立つのが、歯の掃除用ガムタイプの歯磨きです。

 

飼い主さんならお店で売っているのは見たことがあるのでは?このガムタイプの歯磨きは愛犬の歯磨きグッズの中でとても人気なんです。

 

なにしろ犬がガムを噛んでいるうちに歯の表面の汚れをとってくれるんですから^^

 

しかし、ガムタイプの歯磨きを与える時にはいくつかのポイントがあります。

 

奥歯を中心に噛むようにさせる

歯石などは特に付きやす歯があります。それは、第1後臼歯と第4前臼歯と言われている一番奥の歯の窪みです。なので一番歯石などが付きやすい部分の歯を中心に噛ませてあげるのがベストです。

 

ガムのサイズを犬に合わせる

ガムが大きすぎるとワンちゃんの口の中を傷つける可能性もありますし、何かの拍子に突然ガムを飲み込んでしまうと詰まって窒息してしまう可能性のありうるので愛犬のサイズに合ったガムを与えてあげましょう。

 

ガムを噛む時間が少ないのはNG

あたりまえの事ですが、ガムを噛み始めてもすぐに食べ終わってしまったらほとんど意味がありません。なので多少は時間を使ってガムを食べるほうがいいでしょう。

 

定期的に与える

犬の歯石は人間よりも付き方が早いといわれているので、数日に1回とか1週間に1回とかではなく、できれば毎日与えるようにしてください。そうするとガムタイプの歯磨きの効果を十分に発揮することができますよ。

 

 

 

このように歯磨きを嫌がる犬にはガムタイプの歯磨きがおすすめです。

 

もし、歯磨き嫌いの愛犬に困っている方は試してみてはどうでしょうか?

 

他のおすすめの方法としては、『オゾン水』を使う歯磨きもあります。

 

これも非常に簡単なやり方なのですが、キレイなバケツや桶などにオゾン水を入れ、愛犬の好きなボールなどを水の上に浮かべておきます。

 

そうすると犬がボールで遊んでいるうちに口の中にオゾン水が入ります。オゾン水は殺菌効果があるので歯をキレイにしてくれますよ。

 

こんな裏技もあるので、何か興味のある歯磨き方法があれば試してみてください^^