犬が食べると危険な食べ物!その理由とは?

 

犬を飼う場合には必ず知っておかないといけない犬に食べさせてはいけない食べ物があります。

 

もし、その食べ物を愛犬が口にして飲み込んでしまった時は最悪死に至る可能性もあるので、飼い主さんは犬が食べると危険な食べ物を知っておきましょう。

 

今回は犬に食べさせてはいけない食べ物をいくつかピックアップしてみたので参考にして頂ければ幸いです^^

 

愛犬に食べさせてはいけない危険な食べ物

タマネギ・ネギ

タマネギやネギを犬が食べてしまうと赤血球を壊してしまい、重症の貧血を起す可能性があります。なので人間の食べ物、ハンバーグやすき焼き、カレーなどにタマネギが入っていないかどうか確認する必要があります。

 

チョコレート・コーヒー

チョコレートやコーヒーに含まれているカフェインとテオブロミンという成分が脳神経系を侵します。犬への影響ですが、大脳皮質を興奮させる作用があるため強心作用、利尿作用、骨格筋収縮増強作用などがあります。症状は下痢、嘔吐、活動過剰、筋肉の震え、発作、不整脈などですね。食べると死にいたる可能性のあるので要注意です。

 

不凍液

不凍液に含まれているエチレングリコールはほんのり甘みがあります。これは比較的犬や猫が好む味。これが犬の体内に入ってしまうと代謝され有毒化されるんです。すると元気喪失、運動失調、ナックリングなどの神経症状、発作、嘔吐、体温低下などが起こります。少ない量でも犬にとっては危険なので絶対に飲まないようにしましょう。

 

キシリトール

キシリトールを犬が飲むと低血糖の症状になると言われています。肝臓障害がでるとも言われているんです。

 

ブドウ・レーズン

これらを摂取すると急性腎不全を引き起こす可能性があります。しかし根本的な原因は不明。犬が死んでしまった例もあるようです。

 

他にもイカ、スルメ、植物の大きな種、タバコ、有害な植物などがあります。

 

犬の散歩中に有害な植物を食べてしまう場合も大変危険なので、よくありそうな有害な植物もいくつかピックアップしておきますね。

 

有害な植物

 

アマリリス、イヌサフラン、キキョウ、キョウチクトウ、ジャガイモの芽、ジンチョウゲ、スイセン、スズラン、セイヨウキヅタ、ソテツ、チョウセンアサガオ、ツタ、ヒガンバナなど。

 

上記の植物を犬が食べてしまったら、種類によりますが嘔吐や下痢だけでなく死にいたるものもあるので必ず注意してください。

 

もし食べてはいけない食べものを誤って口にしてしまった場合はすぐに動物病院に連れていってあげてください。

 

犬の誤飲誤食は、食べてしまったその日に症状がでなくても後日症状がでてくる可能性もあるので、誤って食べているのを発見した場合すぐに病院に行って獣医さんの診断を受けてくださいね。

 

あと、拾い食いをする犬は誤って危険な食べ物を食べてしまう可能性が高いので、『拾い食いのクセがなおらない…』と困っている飼い主さんは拾い食いを止めさせる方法を参考にしてください^^