NDFナチュラルドックフードとカナガンドックフードを比較し検証♪

 

通販で大人気のカナガンドックフードとNDFナチュラルドックフードを比較しどっちがおすすめなドックフードなのかを検証してみました。

 

カナガンドックフードとNDFナチュラルドックフードを検討している方への参考なれば幸いです。

 

カナガンドックフードの特徴

ドックフードおすすめランキング
カナガンドックフードは犬にとって消化しにくいと言われているトウモロコシや小麦、大麦などの穀物を一切使用していないグレインフリーのドックフードです。穀物は犬アレルギーを引き起こしやすいと言われていますし栄養価もほとんどありません。

 

犬の体は穀物を完全に消化できるようにできていないので穀物を食べるメリットはほぼありません。あとイギリス最高級の平飼チキンを使用しているので良質の動物性たんぱく質を豊富に摂取することができます。

 

栄養バランスもしっかりしていて植物原材料も配合しています。人間でも食べれる原材料ばかりを使用している高品質のドックフードなんです。小粒タイプなので子犬でも食べれます。

 

NDFナチュラルドックフードの特徴

ドックフードおすすめランキング
NDFナチュラルドックフードは100%無添加のドックフードです。天然の素材のみにこだわっているので自然治癒力を高めてくれます。

 

さらにたんぱく質が豊富でアレルギーが少ないと言われているラム肉を使用。アレルギーになりやすいと言われている原材料も使用していないのでアレルギー対策にもなります。

 

NDFナチュラルドックフードも人間でも食べれる原材料のみを使用しているので安全にドックフードを与えることができますよ。カナガン同様実力派のドックフードです♪

 

カナガンドックフードの原材料と成分

【原材料】
骨抜きチキン生肉26%、乾燥チキン25%、サツマイモ、エンドウ豆、ジャガイモ、エンドウタンパク、アルファルファ、鶏脂3.1%、乾燥全卵3.1%、チキングレイビー1.6%、サーモンオイル1.2%、ミネラル、ビタミン(ビタミンA 16,250lU、ビタミンD3 2,400lU、ビタミンE 240lU)、グルコサミン1000mg/kg、リンゴ、ニンジン、ホウレンソウ、オオバコ、海藻、フラクトオリゴ糖、コンドロイチン700mg/kg、カモミール、セイヨウハッカ、マリーゴールド、クランベリー、アニスの実、コロハ

 

【成分分析値】
粗たんぱく質33.00%、脂質17.00%、粗繊維3.50%、粗灰分9.00%、水分8.50%、オメガ6脂肪酸2.80%、オメガ3脂肪酸0.90%、カルシウム1.86%、リン1.42%、代謝エネルギー約361.25kcal/100g

 

NDFナチュラルドックフードの原材料と成分

【原材料】
生ラム肉(イギリス産)55%以上、玄米18%以上、全粒オーツ麦、ベジタブル・ハーブミックス、全粒大麦、テンサイ、亜麻仁、ビール酵母、海藻、ラム精製油

 

【成分分析値】
粗たんぱく質20.0%、粗脂肪12.5%、粗灰分7.0%、粗繊維6.0%、水分8.0%、エネルギー339kcal/100g

 

カナガンドックフードとNDFナチュラルドックフードはどっちがおすすめ?

カナガンドックフードもNDFナチュラルドックフードはどちらもカリカリッとしたドライフードです。両方とも子犬でも食べれる小粒タイプ。

 

あと高品質の新鮮な肉を使用しているのでどちらも愛犬の食いつきが抜群と評判です。専任スタッフに問い合わせできるサポート面もしっかりしています。

 

カナガンドックフードもNDFナチュラルドックフードも優秀なドックフードですが、比較した結果おすすめなのはカナガンドックフードです。

 

カナガンドックフードのほうが犬にとって必要な動物性たんぱく質が豊富に含まれていますし、ナチュラルドックフードには含まれていない犬にとって必要な成分がバランスよく含まれています。

 

カナガンドックフードは食いつきがが非常に良いと評判ですし、愛犬の健康をしっかりサポートしてくれます。

 

なのでNDFナチュラルドックフードよりもカナガンドックフードを個人的にはおすすめします^^