愛犬の尿路結石を予防する方法※尿路結石から愛犬を守る為には?

ドックフードおすすめランキング

 

尿路結石とは尿の通り道に結石ができて、尿道を詰まらせたり、膀胱を傷つけたりしてしまう病気です。

 

尿路結石になっているワンちゃんの症状は、
・トイレに時間がかかる
・尿を出す回数は多いのにおしっこが出にくい
・おしっこに血が混じっていることがある
・食欲がなくて、嘔吐もする
このような症状がある犬は尿路結石になっている可能性があります。

 

あなたの愛犬はどうでしょうか?もし上記の症状が出ているのでしたらすぐ病院にいって診てもらいましょう。

 

しかし、まだ尿路結石の症状が出ていない愛犬に関しては尿路結石にならないように予防することが大切です。

 

特に、パグ、ミニチュアシュナウザー、ポメラニアン、マルチーズ、ヨークシャーテリア、ブルドック、ダックスフンド、ペキニーズなどの犬種が尿路結石になりやすいと言われています。しかし、結石の種類は犬種によって違います。

 

尿路結石の種類とは?

【ストラバイト結石】
これはとても発症率が高いとされている結石。基本的な原因は細菌感染による膀胱炎によるものです。尿のpHがアルカリ化して結石となります。この結石は食事療法が効果的だと言われている結石。

 

【シュウ酸カルシウム結石】
この結石は感染症以外の理由でpHが酸性化して結石ができます。シュウ酸とカルシウムが主な成分。シニア犬に多いと言われている結石です。

 

【その他】
ストラバイト結石とシュウ酸カルシウム結石が大半を占めていますが、その他の結石としては、尿酸アンモニウム結石、シスチン結石、ケイ酸結石、リン酸カルシウム結石などがあります。発症しやすい結石はオスやメス、犬種によって違ってきます。

 

尿路結石を予防する為には!?

愛犬の尿路結石を予防する為の対策をご紹介します♪

 

運動量を増やす

尿路結石を予防する為には、水分補給をしっかりして十分な量のおしっこを排出し尿の濃度を高くしないことが重要です。

 

散歩をして運動すればその分飲む水の量も増えるので自然と尿をする回数が増えるので尿の濃度も低くなります。

 

そして結果的に尿路結石になるのを予防してくれます。

 

おしっこを我慢させないこと

長時間おしっこを我慢させてしまうと、尿中のミネラルが緩和状態になるので尿路結石になりやすい状態になってしまいます。

 

散歩を毎日したりトイレ回りをキレイにしたりして愛犬がおしっこをしやすい環境を作ってあげてください。

 

陰部をキレイに清潔に

陰部が不清潔だと細菌が侵入して尿道炎や膀胱炎を招いてしまう可能性もありますし、尿がアルカリ化しストラバイト結石の原因にもなります。

 

なので愛犬の陰部を常に清潔な状態を保つようにしてあげてください。

 

ドックフードを変更してみる

ドックフードによっては尿路結石の予防に効果的な原材料を使用しているフードがあります。

 

例えば、当サイトでご紹介している【カナガンドックフード】には、クランベリーが配合されているのですが、クランベリーには尿路結石を予防する効果が期待できます。

 

アルカリ性の尿は、犬が感染を起こしやすいので尿路結石になりやすいと言われているのですが、クランベリーを摂取することでアルカリ性の尿を酸性に傾かせておしっこと一緒に酸を出してくれます。

 

カナガンドックフードのように尿路結石の予防に効果的な原材料が使用されていたり、犬の免疫を高めて尿路結石などの病気を予防し健康を改善・維持してくれるおすすめドックフードはドックフードおすすめランキングで見ることができるので、もし気になる方は一度ご覧になってみてください^^